GROM(グロム), Panigale(パニガーレ), サーキット, モーターサイクル

GROMのリコール対応で、バイク屋で燃料ポンプの交換をしてきました。
フレームには対策済みのシールが貼られています。
リコール済み
ついでにオイル交換とチェーンの調整をお願いしたのですが、そろそろチェーンは寿命だそうです。
ノンシールのチェーンで9000km弱走っていますからね。(^^ゞ
春になったらシールチェーンと前後スプロケを交換かな。

・おまけ
 この前のサーキット走行写真です。
鈴鹿ツイン20141206_1
鈴鹿ツイン20141206_1

Panigale(パニガーレ), サーキット, モーターサイクル

雪がパラパラと降る中、9:15に出発。
20141206_suzuka_twin
今日の鈴鹿ツインサーキットは、とにかく寒かった。
路面温度が低くて、タイヤが全然グリップしませんでしたね。
ブレーキでフロントのABSが効くのが早かったですし、リアもいつも通りの感覚で
ペダルを踏むと即ロック。
20141206_タイム
という訳で、グリップを探りながらの走行でタイムは出ず。
最後の4本目には、2コーナーでスリップダウンしちゃいました。(つД`)
転倒動画はコチラ↓

スピードが出ていないのに、寝かしすぎですね。

車体の損傷箇所は
20141206_損傷1
・ハンドルバーエンド
・レバーガード
・フロントブレーキレバー
20141206_損傷2
・フロントアクスルスライダー
20141206_損傷3
・ステップバー
・ブレーキペダル
カウルに傷は無し。ココが逝ってたら修理代の桁が違っていたかもw

ツナギも
20141206_損傷4
・肩プロテクター削れ
20141206_損傷5
・太股ワッペン削れ&縫い目のほつれ

車体やツナギの修理代が痛いですが、怪我が無くて良かったです。

Panigale(パニガーレ), サーキット, モーターサイクル, 用品

10月4日の鈴鹿ツインサーキット走行会で、プロカメラマンに撮影して頂いた写真が届いたので
一部を公開します。
20141004_twin
20141004_twin
お尻を横に向かって落としていますね。
もっと背中からイン側に潜り込む感じにしないと駄目ですな。

そして、秋冬装備を追加です。
RSタイチe-HEAT インナーベスト車両電源キットを購入。
電熱ベスト
車両電源
グローブは去年使用して、電熱の暖かさは体感しています。
去年は電源はバッテリーだけで、持続時間が2~4時間とツーリングに行くにはスペアバッテリーが必要でしたが
今年は車両から電源が取れるキットが出たのでベストと一緒にお買い上げ。

パニガーレに装着
シガーソケットから電源を取って、DCコンバーターはテックマウントに面ファスナーで取付。
GROMの場合はDCコンバーターをベストのポケットに入れて使用します。
これで上半身の防寒は万全ですね。

テックマウントにスマホホルダーを付けていたのですが、この前の鈴鹿ツインででラップタイムを見るのに視線を
大きく移動しないと見られなかったので、モトコルセのマウントの方にサインハウスの PNDウォータープルーフ
加工してスマホを装着する事にしました。
GoPRO装着方法変更
テックマウントの方にGoPROを装着です。
こちらの方がスマホの画面が見易いですな。

Panigale(パニガーレ), サーキット, モーターサイクル, 用品

9:00に出発。
鈴鹿サーキットでF1が開催されているので、東名阪道は混雑を予想していましたが
渋滞も無く10:30頃にはツインサーキットに到着。

20141004_鈴鹿ツイン
↑Aクラスには私も含めてパニガーレが3台。もちろん私が一番遅かったですw

20141004_ラップタイム
ベストラップは1’11″207。
前回からは3秒近くタイムが速くなっていますが、正直もっと行けましたね。
あまり熱くなって転倒したら駄目ですので、今日はコレぐらいで勘弁しておきましょう。(^^ゞ

↓ベストラップの動画

攻めている感じがしませんねぇ。。。

今回LAP+を試してみました。
サーキットの計測器との誤差は殆ど無かった(最大で10分の1秒程度)です。
Androidスマホを使えば走行中のベストラップも分かりますし、後からパソコンで
走行結果の分析も出来る様です。
パニガーレにLAP SHOTなどの磁気式ラップタイマーを取り付ける場合、センサーが
正しく反応する設置場所を見つけるのは大変そうなのでLAP+を購入したのですが
購入して正解でした。
747Pro
GPSロガーは「LAP+(ラプラス)」対応版の747ProをAmazonで購入。
走行時にはテールカウルに養生テープで固定しました。
テックマウント
GoPROとスマホ
ラップタイマー用のAndroidスマホ(白ロムで買ったARROWS FJL21)をテックマウントで装着。
GoPROとスマホのクリアランスはギリギリですが、何とか干渉せずに済みました。

GROM(グロム), サーキット, モーターサイクル, 試乗

応募していたヤマハのMT PREMIUM試乗会に当選したので行ってきました。

石野サーキットで9時からの受付という事でしたので、GROMで5:00に出発して
茶臼山高原→県道10→県道80→国道153→加茂広域農道→国道420→国道153と走って
ちょうど9:00に石野サーキットに到着。
試乗会
MT-09とMT-07が並んで待ってました。
開発者からのPREMIUMな開発秘話を聞かせて頂いてから試乗開始。
MT-09・MT-07共に一回の試乗はコースを3周。それを2回。
MT-07→MT-09→MT-07→MT-09の順で試乗しました。

MT-07の感想
 ・乗りやすい。
 ・ツインのドコドコ感は薄い。
 ・ダラダラと走ってると、ハンドリングが重いというかゴロンと寝る感じ。
  加重を意識して走ると気にならなくなります。


MT-09の感想
 ・Bモード(一番レスポンスが穏やか)での走行を指定されていたので
  アクセルを開けたときの加速感は大した事無いです。
 ・3気筒らしさというのも、よく分かりませんでした。
 ・ライディングポジションはオフ車っぽい。

どちらが好みかというと、MT-09ですかね。
購入すると仮定した場合は、増車する場合は普通に楽しく乗れるMT-07で
パニガーレから乗り換える場合は刺激的な(と思われる)MT-09でしょうか。

先導付きだったのでペースが上げられなかったのは残念。
MT-09のエンジンは、別のモードも試してみたかった。
クローズドコースなので、もっと攻めてみたかったですね。

おみやげ
試乗後のアンケートに回答したら、PREMIUMなお土産を頂きました。
手ぬぐいと扇子です。
そそそろ涼しくなってきたので、扇子は来年使いますかね。(^^ゞ

あ、GROMのフロントフェンダーにRAMマウントのM8ボルトベースを装着しました。
フロントフェンダーにRAMマウント
フェンダーのボルトはM6なので、別に購入したM6のボルトで装着。
そのままで装着するとボルトとベースの穴に隙間が出来てしまうので、ボルトにビニールテープを
巻いて対応してます。
GoPRO装着
GoPROを付けた状態。
撮影(前方向)
GoPROを前向きにすれば、サスペンションの動きが見えるローアングルの映像が撮れます。
撮影(後方向)
後ろ向きなら膝擦りがバッチリ撮れますw
もう少し上に向ければ、上半身も撮れるかも?